でもそれが大きな落とし穴だったとは品質管理待ち天然にぜひ

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、偏らない食事にするのが健康維持にもつながるのも事実です。

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。

今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

一人目に男の子を産んでいたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分け法を実践しました。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは緊張しましたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かったと思っています。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。

なぜかと言うと、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

当たり前ですが、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。

妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中には十分に葉酸を摂るように意識しましょう。

お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的な疲労も相当なものです。

自治体から助成金が支給されますが、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされることが一般的に行われているようです。

私は40歳以上の人こそ支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

今年で40歳になる私ですが、見捨てられたような寂しい気持ちで、落ち込むことが多くなりました。

葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。

葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。
詳細はこちら